小池クリニック(内科・心療内科・アレルギー科)

がん

がん(癌・悪性腫瘍)

がん(癌・悪性腫瘍)にたいして、様々な医療技術が日進月歩で進展している反面、依然として、現代医療では対応できない、という状態の方々も少なくありません。すでに転移しているために根本的な治療法がない、といわれる方々もいらっしゃるでしょう。

しかし、本当に「ない」のでしょうか。現代医療的に「ない」、論文などのエビデンスとして「ない」、としても、代替医療を含めたすべての可能性において「ない」ということではありません。確かに、いわゆる科学的、統計的に「ない」としても、本当に何もない、ということにはなりません。

「がん」というと突然の災難のように捉えられることが多いですが、本当に突然の災難なのでしょうか。これまでの生活習慣や、こころとからだの状態を振り返る中で、様々な治癒へのヒントが含まれていることは少なくありません。

どうして「がん」の発生を許してしまったのか、現代医学的な観点のみならず、東洋医学などの代替医療的な観点からも考えていきます。当クリニックでは、現代医療の相補的医療として、漢方、鍼灸、サプリメント、心理療法などを効果的に組み合わせて(ときには単独で)対処していくなかで、患者さんと一緒に「がん」への対策を立てていきます。

よく巷で、「がんにはコレ!」という形式の代替医療が見られますが、そうした簡単な方法で解決するような疾患ではありません。がんの違いや、一人一人の個人差を考え、完全なオーダーメードで対処していくべき疾患であると考えます。そのため当クリニックでは、時間をかけて話し合いをした上で、納得のいく形で、漢方の処方や、サプリメントのご案内をおこなっております。

そもそもがん治療に「代替医療」を取り入れるべきなのか、といった疑問をはじめ、がん治療における統合医療的アプローチに関して、ご興味のある方のご相談を行っております。ご家族の方のご相談も行っておりますので、クリニックまでお気軽にご連絡ください。

また2008年3月から専門の認定トレーナーにおける「サイモントン療法」も始めました。がんのイメージ療法として有名なサイモントン療法に関してもお気軽にご相談ください。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional