小池クリニック(内科・心療内科・アレルギー科)

糖尿病をはじめとした生活習慣病

糖尿病をはじめとした生活習慣病

以前「成人病」といわれていたものですが、成人であるか否かに問わず、生活習慣に密着することに焦点をあて、「生活習慣病」と称されるようになりました。ここには糖尿病をはじめ、癌も含まれます。すべて「生活習慣」というわけです。

なかでもやはり中心となるのは、糖尿病や高血圧といったものです。これらは、特にはじめは、痛いなどの自覚症状はなく、健診などで指摘されて気づくことがほとんどです。そうした段階ですと、いきなり薬が必要です、といわれてもピンとくるものではありません。

また(程度にもよりますが)、いきなり薬物療法ではなく、まずは食事療法、運動療法といった生活改善がもっとも重要なのはいうまでもありません。ところが、ただ、食事、運動といっても、どのようにしたらいいのか分からないのが普通です。

そこで当クリニックでは、糖尿病(をはじめその「予備軍」も)の方には、具体的な糖質制限食とダイエットノートによる記録法の指導を行っています。糖質制限法は、まだ日本では一般的ではありませんが、京都・高雄病院をはじめ一部の病院では画期的な結果を出している治療法です。

ただし場合によって、よく理解した指導する医師なしで、独断で行うのは危険を伴います。なるべく薬なしでの糖尿病をはじめとした生活習慣病対策を希望される方に、安全な糖質制限を行っていただくのが当クリニックの診療の目的です。

また、症状にあわせて、漢方やサプリメントもお勧めしています。ひとりひとりに合わせた生活習慣病対策により、納得の上で、早期段階での改善を目指します。また合わせて、通常の診療ではあまり行われない検査項目も検査し、より詳しく体調を把握していきます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional